東京音楽大学サックス科卒業。


クラシックサックスを石渡悠史氏、ジャズサックスを土岐英史、藤陵雅裕、両氏に師事。ある時クラシックからジャズに転向。以来、横濱ジャズプロムナードコンペティション等、様々なジャズコンテストに入賞、自己のバンドでライブ活動を始める。


2000年には「東京青空楽団(ブルースカイ・オーケストラ)with小林幸恵」のメンバーとして、モントリオール国際ジャズフェスティバル、トロントジャズフェスティバルに参加した他、国内外でも数々のイベントに出演。


しかしまたある時思い立ち、「JAZZを音楽の架け橋にしたい!こちらから音楽を届けたい!」と何かと閉鎖的なライブハウスを飛び出しストリートへ。


 国境やジャンルを越え、老若男女でも楽しめるような、“心が踊り出す真昼に似合うハッピー・ジャズを!”というコンセプトを掲げ、2004年5月、ストリート・ジャズ・サックス・アンサンブルバンド
「HIBI★Chazz-K」を結成、リーダーと全アレンジを担当。
 

通をうならせる独自でエッジの利いたキレのいいアレンジに付け加え、誰もが親しめる間口の広いパフォーマンスと音楽性が話題になりジャンルを超えた数々の大きなコンテストなどで認められ、国内海外イベントでも活躍中。


現在ではソプラノサックス奏者のイメージが強いが、本来はアルト奏者。人気講師やスタジオミュージシャンを務めながらポップス歌手のサポートとして紅白歌合戦やPV出演経験も持ち、バリトン奏者としてはモントリオールジャズフェスティバルや有名アーチストのレコーディング参加、テナー奏者としてもビッグバンドやロックバンド、有名演歌歌手のサポートなどを含め、TV番組出演、ライブツアー、アルバム参加など幅広い経歴を持つ。

洗足学園音楽大学卒業。


クラシックサックスを江川良子、池上政人の各氏に、室内楽を服部吉之、池上政人の各氏に師事。ジャズサックスを佐藤達哉氏に師事。


大学ではクラシックを学び、ソロや室内楽で数々のコンクールに入賞する。またクラシックだけでなく、大学選抜ビッグバンドGet Jazz Orchestraに所属し、山野ビッグバンドジャズコンテストでは2位を受賞。


卒業後、2013年、2014年桐朋学園音楽大学嘱託演奏員を務める。2013年伊藤康英氏作曲「貝殻のうた」サックス四重奏版初演。


2013年、2014年ラフォルジュルネ・オ・ジャポンに出演。

2014年、2015年デュオリサイタルを開催し、好評を博す。


その他、サックスカルテットやアンサンブルで幅広く演奏活動を行う傍ら、レコーディング、中学校や高校の吹奏楽部指導、個人レッスンなども行っている。


2015年5月にストリートジャズサックスアンサンブルHIBI★Chazz-Kに加入。持ち前の明るさと確かなサックスのテクニックで、聴き手を笑顔にさせる音楽を目指し日々精力的に活動中。

サックスを松風紘一氏、宮本大路氏に師事。ジョージラッセルが提唱するLYDIAN CHROMATIC CONCEPT OF TONAL ORGANIZATIONに基づく音楽概念を藤原大輔氏に師事。


学生の頃より演奏活動を開始。
主に都内ライブハウスで即興演奏を主体とした演奏活動を展開する。


2004年HIBI★Chazz-Kに加入。国内外のフェスティバル、コンサートで活動中。
ウォームかつファットな音色に定評がある。


これまで自己のバンドOTOの他、山本ヤマ、as等で活動。
2008年に世界最大級のバリトンサックスアンサンブル、東京中低域に参加。現在も活動中。


東京JAZZ2005、LONDON JAZZ 2008 2014、SUMMER SONIC 2009、NORTH SEA JAZZ FESTIVAL 2010 2012、BLAZE等国内外のフェスティバルの他、BBC RADIO 3出演、ムーンライダーズ「火の玉ボーイコンサート」に参加等幅広く活動。

大学入学時にサックスをやってみたい衝動に突き動かされブラスバンドへ。
同時に偶然同じ名前と誕生日のひび則彦氏に師事。


卒業後も様々な形でひび氏と音楽で関わっていくなか2004年にHIBI★Chazz-Kメンバーに。


その後ヘブンアーティストの資格を得て本格的にストリートライブ、そして国内外の様々なフェスティバルに出演。


2014年ポニーキャニオンより念願のメジャーデビュー。デビュー作Happy sax Hit expressがその年のレコード大賞企画賞に。


ベースライン奏法のプレイスタイルの追求に余念がない。

13才からドラムを始め、小山太郎氏にドラムを師事。18才から演奏の仕事を開始。
2008年samaNOЯI(早*眞vo,ひび則彦sax,他)に加入。
同年、HIBI★Chazz-Kに加入。


2011年事情により一旦活動休止。
2013年活動を再開し、トレーニングを積む。
2015年HIBI★Chazz-Kにカムバック!


バランス感覚に富んだウィットのあるドラミングが持ち味である。また、音色の美しさには定評がある。

メンバーであると同時に、HIBI★Chazz-Kの音楽をこよなく愛すファンでもある。(応援よろしくお願いします!)


これまで、土濃塚隆一郎(flh)4、松井秋彦(g)LINE DRIVE、吉田多宏(sax)4、飯塚由加(p)グループ、城谷雄策(tp)グループ、平井庸一(g)グループplaysレニートリスターノ、山田壮晃(sax)ビッグバンオーケストラ、辻本明子(vo)グループ、佐藤達哉(sax)4、CONCREATE(横田寛之sax,宮川洋介b)など数多くのバンドを歴任。


自身がリーダーの活動としては、TAKE*BAND(西本康朗sax,他)、Do you jazz?(童謡jazz)、参加バンドは、水上まり(vo)plus4、くらげバンド(津崎知之tb,上石統tp,他)、菊地康正(sax)グループ、ランボードッグス(ロック)などで活躍中である。