2012年

1月

26日

1/27(金)samANDo LIVE at 柏WUU

1月27日(金)に行われます、

すっぴんジャズ“samANDo”「samA&EaudeMONDo(ex.samaNOЯI) LIVE at 柏WUU」

 

HIBI★Chazz-Kもゲストとして参加します!!

Jazz Sax Ensemble"HIBI★Chazz-K"
Jazz Sax Ensemble"HIBI★Chazz-K"

HIBI★Chazz-Kのレパートリー曲「雨にぬれても」 など含め、 LIVE9曲中5曲に参加!そのうち2曲は新曲を披露します!HIBI★Chazz-Kファンの方も 楽しめるはずです。

 

そして“samANDo” とはなんぞや?…と思う方も多いと思いますので、

LIVEに先がけまして少しだけ紹介をさせていただきます。 

【samA & EaudeMONDo-サマ&オーデ(ドゥ)モンド-】

samA&EaudeMONDo(ex.samaNOЯI)
samA&EaudeMONDo(ex.samaNOЯI)

Member】

samA(Vo) 

ひび則彦 (Sound Produce & S.Sax)

 【Regular Support Member

中村力哉 (Piano)  

岩川峰人 (Bass) 

島野和樹 (Drums&Pec.)

 

 

samANDOとは…

 

【曲紹介】

“丘の上のメロディ"ローヌ川の星月夜"/A melody on the hill”

HIBI★Chazz-Kの極楽茶にも収録されていますが、もともとこの曲は ゴッホの「サン・レミ時代」の作品「ローヌ川の星月夜(星降る夜 アルル)」とひび則彦氏のイメージを重ね合わせsamAさんが歌詞を書き、ひび氏が作曲したものだそうです。

 

詳細はこちらをご覧下さい。

 

 

※「ローヌ川の星月夜 (星降る夜)」

曲の世界観は「ローヌ川の星月夜(星降る夜)」。 生前ゴッホは全く世の中にも芸術仲間にも認められず、 存命中1枚しか絵が売れなかったそうです。 歌詞中にある「神様」をゴッホ、孤独な芸術家に置き換えて聞いてみると より世界観が伝わってきます。

 

ひび氏からsamAさんには 「才能溢れる芸術家の孤独と、それでも尚自分を信じて作品を創り続ける 我侭ともとれる真直ぐさを 「不器用(ぶっきらぼう)なくらいの中性的な歌声で」 とリクエストしたとのことでした。

 

ひび氏的にはsamAさんの歌うこの曲がとてもお気に入りだそうですが、 先日のライブで聴いて、個人的にも大好きな曲になったのでおススメします。

 

こちらで「丘の上のメロディ」他、 動画が試聴できますね。→HIBI'smusic

いかがでしたでしょうか? 生samANDoを聴きたいという方はこちらをご覧頂き、 Studio WUU (スタジオ・ウー)まで直接電話又はメールにてお問い合わせ下さい。

 

HIBI★Chazz-KとsamAさんは旧知の音楽仲間でもあり、 本当に息がぴったりで聴いてて楽しいです。 今後、HIBI★Chazz-Kとのコラボも増えていくと思われます。

 

柏も先日雪が降っていました。ご来場いただく際は、 足元にはくれぐれもお気をつけください。

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    島野カズきち (火曜日, 31 1月 2012 02:23)

    やっぱり歌詞で伝えられる世界って大きいですよね~。